米SNS大手フェースブック、オンライン広告システム「Facebook Ads」を提供開始

関連写真画像 2枚・2007年10月24日、サンフランシスコ(San Francisco)で開催中の見本市「CTIA WIRELESS I.T. & Entertainment 2007」で基調講演を行う米フェースブック(Facebook)共同創立者のダスティン・モスコビッツ(Dustin Moskovitz)氏。(c)AFP/Getty Images/Kimberly White

【11月7日 AFP】米ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)大手フェースブック(Facebook)は6日、各ユーザーの嗜好に合わせて広告を配信するサービスを開始した。同種のサービスは競合するマイスペース(MySpace)が先行しているが、プライバシーの侵害への懸念も広がっている。

 フェースブックのマーク・ズッカーバーグ(Mark Zuckerberg)CEOが同日、米ニューヨーク(New York)の会合で、SNS「Facebook」向けオンライン広告システム「Facebook Ads」の提供を開始したと発表。

 コカコーラ(Coca-Cola)、マイクロソフト(Microsoft)、ソニー・ピクチャーズ・エンタテイメント(Sony Pictures Entertainment)、CBS、携帯電話大手のベライゾン・ワイヤレス(Verizon Wireless)、大手ビデオ・DVDレンタルショップのブロックバスター(Blockbuster)など60社以上が同システムで広告を配信する。

 フェースブックは前月に米マイクロソフト(Microsoft)と広告配信における業務提携を結んでおり、こうした強みをどう利益に誘導するかが注目されていた。(c)AFP

posted by mixi な世界 at 13:14 | mixi・ホスティング・データ通信
mixiな世界トップページへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。