あなたもカラヤンに、オーケストラ指揮を疑似体験できるソフトウエア

のだめカンタービレだ〜。

関連写真画像 1枚・2007年8月13日、オーストリアのザルツブルク(Salzburg)でウェスト=イースタン・ディヴァン・オーケストラ(West Eastern Divan)の指揮をするアルゼンチン生まれの指揮者ダニエル・バレンボイム(Daniel Barenboim)。(c)AFP/K.JOSCH

【10月19日 AFP】オーケストラの指揮を疑似体験できるコンピュータソフトウエアがドイツで開発された。ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajans)になったつもりで空想の中で指揮棒を振っていた人には朗報だ。13日の英科学誌ニュー・サイエンティスト(New Scientist)が報じた。

 指揮棒の代わりに身につけるのは、大きめの腕時計に似た「eWatch」と呼ばれる小型コンピュータ。内蔵された加速度計と傾斜計で手の動きを検知し、ブルートゥース(Bluetooth)でこのデータを親機のコンピュータに送信することにより、3次元で複製されたバイエルン放送交響楽団(Bavarian Radio Symphony Orchestra)の演奏速度や音の大きさなどを「指揮者」が決める。

「将来的には、『指揮者』の目線をモニターするカメラも取り付けて、個々の楽器も自在にコントロールできるようになる」という。

 ソフトウエアを開発したのはルートヴィヒ・マクシミリアン大学(Ludwig Maximilian University)のドミニク・シュミット(Dominik Schmidt)氏と、ミュンヘン工科大学(Technical University of Munich)のBernd Bruegge氏。(c)AFP
posted by mixi な世界 at 13:51 | オンラインゲーム・ダウンロード
mixiな世界トップページへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。