マック基本ソフト Leopard、26日発売開始

関連写真画像 1枚・フランスのパリ(Paris)で撮影された米アップル(Apple)のロゴ(2005年9月20日撮影)。(c)AFP/JOEL SAGET

【10月17日 AFP】米アップル(Apple)は16日、同社PC「マッキントッシュ(Macintosh)」用の次期基本ソフト(OS)Leopardを26日に発売すると発表した。主要製品iPhoneの市場投入に資源を集中したため、予定より4か月遅れての発売となる。

 Leopardは、アップル製品の特徴のおしゃれなスタイルと、使いやすさに焦点を置いて開発された。スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)アップル最高経営責任者は、Leopardを「これまでで最高のアップグレード」と評している。

 Scott Forstallアップル副社長の説明によると、ユーザーはマッキントッシュにダウンロードした音楽ファイル、写真、ソフトウェアなどをLeopardの「タイムマシン(Time Machine)」機能により自動的にバックアップできるという。

 また、Leopardは接続されている全パソコンを対象としたファイル検索機能も備えている。

 このほかに、ウェブサイト上のコンテンツをモニタースクリーンの小ウィンドウに映し出すwidgetという機能で、書籍のベストセラーリストの常時更新や、接続先のウェブカメラがとらえるお気に入り映像をデスクトップに常時映し出すことも可能。

 また、視覚障害者向けの点字サポート機能や、視覚障害者向けの字幕機能を兼ね備えるほか、Eメールの背景に自分の写真を取り込むなどして独自のデザインを創作できる。

 ウェブカメラを使って通信するiChat機能も改善され、チャット相手とスライドショーを同時に楽しんだり、写真の加工、背景のアレンジも可能だ。

 300以上の新機能を加えた「Ultimate(究極)」バージョンの価格は129ドル(約1万5000円)。(c)AFP
posted by mixi な世界 at 11:52 | ブログ・リナックス
mixiな世界トップページへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。