ペルーの隕石落下で200人が体調不良、放射線は検出されず

関連写真画像 2枚・2007年9月17日、ペルー南部の山岳地帯プノ(Puno)付近で、隕石と見られる物体が落下した地点にできたクレーター。(c)AFP/ANDINA

【9月19日 AFP】ボリビア国境に近いペルー南部の山岳地帯プノ(Puno)付近に隕石とみられる物体が落下し、これまでに住民約200人が体調不良を訴えている問題で、当局と科学者らは18日、有毒ガスは一切検出されていないことを明らかにした。

 ペルー核エネルギー研究所(Peruvian Nuclear Energy Institute)の研究者はAFPに対し、「高精度の測定機器でも放射線は検出されなかった」とし、体調不良は「衝突時の高熱により隕石から溶け出した硫黄、ヒ素など」が原因ではないかとの見方を示した。隕石落下時に地中の成分が溶けてガスが発生するのはよく見られる現象だという。また、落下した物体が人工衛星である可能性については否定した。

 15日の隕石の落下に伴い、付近の住民らが頭痛や吐き気、めまいを訴え、約200人が病院で手当てを受けている。Carancas村には診療所が急きょ設置された。住民の間では症状が長期化することへの不安や隕石の落下が相次いで起こるのではとの恐怖がひろがっている。

 プノ地域の保健省によると、重症者はいないものの、血液と神経系の検査は今後3〜6か月継続する必要があるいう。

 なお、警察は落下地点にできた直径20メートル、深さ8メートルのクレーターへの立ち入りを禁止している。クレーターの近くではマスクをしていてものどや鼻に刺激を感じるという。(c)AFP


posted by mixi な世界 at 11:22 | インターネット・SEO
mixiな世界トップページへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。